積み立てた金の受け取り

純金は古来より人々の憧れでした。
日本の歴史でも、様々な場面で金は成功の象徴として扱われてきました。
金閣のような建物をみればそれがわかると思われます。
そんな純金ですが、純金積立を継続していくことで受け取ることができるのです。

純金積立が満期を迎えますと、継続するかそこで現金や純金を受け取るかを選択することができます。
純金積立は配当金や利息があるわけではないので、この時が最も利益を受け取れるチャンスといえるでしょう。
もちろん継続していくのも構いませんが、ある程度の利益を受け取るというのもいいでしょう。
この時、利益分を現金で受け取る方法もありますが、純金そのものを受け取ることも可能なのです。

純金というとゴールドバー(いわゆる金の延べ棒)を思い浮かべる方が多いと思われます。
私的な話で申し訳ありませんが、私もいつかはこのゴールドバーを手元に置きたいという夢があります。
しかしながら、ゴールドバーは1本で400万円以上しますので中々手に入るものではありません。
そこで、小さめなスモールバーなどで受け取ることをお勧めします。
また、美しい装飾が施された金貨などで受け取ることもできます。
金貨でしたら小出しで売却するのにも適していますので、金貨での受け取りもお勧めです。

しかしながら、金を自分で保管するとなると、盗難などが心配です。
純金はそれ自体に価値がありますので、盗難されてしまえば全てを失うことになってしまいます。
そして、純金は誰の目から見ても「高価なもの」と認知できますので、盗難されやすいものといえます。
純金を受け取りましたら、保管方法については慎重にそして厳重に保管するようご注意ください。

コメントは受け付けていません。

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031