純金積立に関する税金

純金積立を行う際にも、他の投資と同じく税金についても注意しなければなりません。
基本的には純金積立は雑所得(本業以外で得た所得)として扱われ、納税の義務が生じてきます。
また場合によっては譲渡所得として計算して支払うことになることもあります。
こちらでは純金積立に関する税金についての注意点について解説していきます。

女性ポーズ5基本的に、金の売買を繰り返して行っていますと、継続して収入を得ていると判断されて雑所得として計算されます
雑所得として20万円以下の利益でしたら税金の対象とならないのですが、20万円を超すと確定申告の義務が発生します。
あまり金の売買を行わず、たまに行う程度ですと譲渡所得として計算されていきます。
譲渡所得ですと50万円以下の利益であれば税金の対象とならないので、雑所得よりも幅が広くなっています。

雑所得とみなされるか、譲渡所得としてみなされるかは、はっきりとした規定はありません。
税務署の判断となりますので大体の目安でしか説明することはできません。
ただ、継続的に売買を繰り返し営利目的であると判断されれば雑所得とみなされるようです。
そのため、あまり繰り返していなければ譲渡所得としてみなされることが多くなっているようです。

譲渡所得でしたら50万円以下の利益が無課税となっていますので、雑所得よりも多くの利益を得ても無課税となります。
つまり、理想的なのは純金の価値が高くなった瞬間を見計らって、50万円以下の売却を行っていくのがよろしいでしょう。
ただ、そういった売却を繰り返していれば営利目的であるとみなされるかもしれません。
それに、そもそもそんな純金の価値が高くなる瞬間を見極めるのは中々難しいです。
いずれにしろ、純金の売却を繰り返していれば税金の対象となってきますので、あまり目立たないようにしておいたほうがいいのかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031