金の価格はどうやってきまるのか

GUM11_CL02034純金の価格変動は上下が激しく、一体どうやって価値が決まっているのかが不思議なところがあります。
そもそも、日本ではもうほとんど金は取り尽くされてしまいましたので、あまり純金が取れるということはないのです。
そのため、純金の価値は取引によって価格が変動しているのです。
日本では東京工業品取引所というところで金が取引されているのですが、正直なところ金の価格設定にそれほど大きな影響を与えているというわけではないのです。
つまり、金の価格は外国の取引などの影響を受けて変動を繰り返しているのです。

金の取引が盛んに行われている取引所として、世界四大取引所とされている取引所があります。
イギリスのロンドン、中国の香港、スイスのチューリッヒ、そしてアメリカのニューヨークです。
いずれの都市名もよく聞く都市かと思われます。近年ではシンガポールでの取引も盛んになっています。
これらの都市での取引によって金の価格が決まってくるのです。

また、株式の価格の影響を受けることも多く、基本的に株価が下がりますと金が大量に買われる傾向にあります。
逆に純金の価値が下がりますと、株の購入が頻繁に行われるようになるのです。
このように、純金取引と株式取引は対のような関係になっているのです。

また、為替の変動も非常に金価格に影響を与えますので、為替の動向にも気を配りましょう。
基本的に円高の時に純金は安くなりますので、買う人が多くなります。
逆に円安になれば純金は高くなりますので、売る人が多くなるのです。

このように金価格は外国での取引や他の経済要素の変動によって価格が大きく変動しやすいのです。
基本的には価値は安定しているのですが、効果的に利益を得たいのでしたら他の経済動向にも気を配りましょう。

コメントは受け付けていません。

2017年8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031